読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

煎餅の記録

Hey!Say!JUMP多め

そして誰もいなくなったに関して徒然

この一週間、あっという間でした。コンサートで休み使うために毎日仕事だもんで全部見返している時間がとれなくてノートにメモってたもの&日下くんのシーンで引っかかってた部分、一部見返しました。ここにも書いておこ。全部見返せてないからひょっとしたら間違えてる可能性も…。

敬称略で失礼致します。

1話

万紀子に「父さんが亡くなってから一人で俺を育ててくれて感謝してる」と藤堂
斉藤「ちょっと優秀なハッカーならできるんじゃないか?パーソナルナンバーやカードの情報くらい消せると思うぜ?」
藤堂「こいつはハッカーでも何でもないただの無学な犯罪者だよ」→日下がハッキング能力を有していることは8話で判明している。そんな能力があるのに自分のパーソナルナンバーのことは操作できなかったのか?と疑問
事件を起こす数日前に元藤堂の部屋に引っ越した川野瀬。
隣人の名前「佐久間英二」
センター試験の時に熱を出した情報は万紀子から?

新潟でもミスイレイズがアクセスされている。←日下?


日下「耐え忍んだ長い夜が明ける希望の朝がうっすら浮かび上がるその瞬間をイメージしました」オリジナルカクテル「夜明け」←日下の、耐え忍んだ長い夜が明けるということやね…。
「何で藤堂さんが被害者なんですか?誰かに恨まれていたとか」
「僕の経験上そういうことを言う人に限って恨まれてるもんですよ。自覚のある悪事より自覚のない悪事の方がよっぽどムカつきますから」←この言い方が攻撃的なことは当初から気になっていた。

Kingとサンセットの向日葵が同じシーン
万紀子「そうなの。すごくいい息子なの」→日下くんのことかね
万紀子→はるか「新潟では新一がお世話になったようね」←日下から聞いた?
この後に藤堂の会社の部屋に入った影は田嶋っぽかったけども。

砂央里「最新のテクノロジーでまるで別人に」に反応する藤堂

King閉店後、小山内「提案と言ってもいい」ただ脅されただけではなく、交換条件を突きつけられたっぽい日下。

2億の使い込みが藤堂の名前で領収書が切られてる→これは犯人は田嶋でFAぽい
ネットにリークしたのは藤堂→はるか→小山内ぽい感じにはなってる

万紀子「この写真見ると元気になれるの」
弥生に何か悲しいことでも?と訊かれて「ないわ」と答える。
「でもこれから、起こる気がする」

日下「そういう時は田舎に電話するのが一番ですよ。親は何があっても裏切らないって言いますから。特に母親は」
「僕、親の顔知らないです。両親共」
3話の段階で日下の言葉に嘘はないと監督のつぶやき→勝手に双子説に当てはめると、両親の顔を知らない日下と知ってる日下(花を贈ってる)に分かれるんじゃないのかなぁ?と。万紀子の顔を知ってたら不自然。この話の後に知った可能性があるとしたら双子説は消滅。

万紀子は昔看護師長だった、故に藤堂はクリスマスの朝はいつも一人だった→アパート経営できてケアセンターに寄附ほどの遺産があるのに看護師をしていた万紀子…?看護師など続けておらず、クリスマスは実の息子(日下)と過ごしていたとか?働いているフリをして実の息子と過ごしていた可能性。

藤堂の子役は確かに万紀子が回想していた息子と顔が違う。日下VS藤堂になっているのはどうやら藤堂の生家のようだ。
馬場「親なら裏切らないなんて綺麗事だ」

2話
会社のパソコンに「Hello,Shinichi talk with me」と出る、ガキの使いから電話→このハッキング能力も日下かな?と8話から推測

西条には前以て藤堂の情報が渡っておりその上で西条は偽藤堂の弁護をしている。
藤堂が西条の事務所を訪れたことを尾けて知っていた→西条に見られている

動物園のシーン、藤堂が万紀子を誘ったことになっている。小山内は逐一何かを報告しているがそれは万紀子を調べていたと本人は言ってる。
ガキの使いからの手紙を藤堂に渡す万紀子。住所もなく差出人もおかしい封筒を普通息子に渡すか?母親なら調べないか?これは日下に頼まれたものかな。
タイミング良く早苗と知り合いになろうとするはるかが怖すぎたなぁ。


日下カクテル「チャレンジ」
新しい何かに挑戦する勇気を貰える一杯

来月の1日の月曜日は常連と一周年パーティをする予定のKing。ここも嘘が無いらしいのでメモメモ。

日下「結構無計画なタイプなんです」
「手切れ金です。つまらない話ですよ。金ならやるからこれっきり私とは縁を切ってね〜ってやつです」
「何があったかは知らないですけど、悪いことがあったあとには必ずいいことがあるって信じてますよ」←「何があったかは知らない」の日下の言葉にも嘘がないとすると?
Kingにいる時にガキの使いから電話。全て元通りになる交換条件を突きつけられるけど突っぱねる藤堂。公安に捕まる(公安は味方の可能性)→後に砂央里の暗躍で脱出。

馬場、砂央里、日下がバーに揃う。乾杯する3人。計画を動かす合図?(砂央里は騙されてる可能性)

藤堂の件は公安が動く大事で自分が国家機密に関わる特定機密保護法違反、スパイの疑いがかかっている→実はスパイだったら面白いかもとは思ったけどこれだと推理の軸がぶれまくり笑。

3話
公安「息子さんを産んだ病院はどちらですか?産婦人科の名前ですよ」
万紀子「教えられません」
万紀子「答えたくないのではなく、分からないのです。わたしは後妻ですから」←質問の中心を逸らした感
息子さんはどちら?と聞かれて指差したのはちゃんと藤堂の方。

西条が藤堂を「神様に少しお祈りを」して公安の監視から抜け出させた。しかし「色白でスラリとしていて黒髪のロングで中々の美人」が藤堂を監視していたことを教える。それをはるかだと思ってしまう藤堂(本当は砂央里)
BAR Kingにはるかが現れたことが不自然すぎる。大口契約が取れたと嘘をついてまで。早苗と番号交換までするはるか。

はるかへのカクテル
日下「『片想い』です。何となく、あなたから何かを強く求めているオーラを感じるからですね。それが仕事への気持ちなのか特定の誰かへの気持ちなのかはわかりませんが」

はるかの軍資金の出所は?ホテルに連泊して藤堂にお金を貸し、飲んだくれるお金の出処は?

はるか飛び降り自殺→日下との関係はよく分からないけど、例えば弱みに付け込んで東京に行く軍資金だけ渡したら勝手に動いた可能性。寧ろそういうやり方で日下は藤堂の周りの人間を動かした?


4話
日下との共同生活。
日下「藤堂さんも塩派だったんですね。何だかうれしいな〜」
藤堂「母親がそうでさ」
日下「ですよね。食事って親の影響一番受けますよね。卵焼きはしょっぱいの?甘いの?」
藤堂「どうだったかな…」

初めてKingを訪れた時の藤堂との思い出を語る日下。「また来るよじゃなくてまた来たよでお願いします」って言ったら次の日早苗を連れてった。
日下「仕入れ行ってくるんで」→Kingは休業していた


万紀子「そろそろ本当の話をしましょうよ。本当の話。例えば、誰かが新一を利用しようとしている話とか」

万紀子「息子の味方なのかそれとも敵なのか」←この「息子」は藤堂さんのことなの?
小山内「味方でした。味方でした。今は正直自分の気持ちがわかりません」

藤堂VS川野瀬(小物)
藤堂「親父から相続した不動産がある」
業者を紹介してもいい→馬場を紹介される。

早苗とぶつかる砂央里。→砂央里の家とはどこだったんだろう?

馬場に連れられて五木と会う
五木「あー見えてあの女嘘つきですからね」→早苗の嘘とは?大したセリフではないのかな。
貸し口座防犯カメラに女が映り込んでいる→砂央里?

斉藤に襲われる→事故で斉藤死亡
→その後日下の家に逃げる。日下に優しくされる。日下の右から抱きしめるッッ(日下くん役の伊野尾くんの所属グループHey!Say!JUMPの最新アルバムDear.の初回限定版2に収録されている八乙女光くんとのグループ内シャッフル二人ユニットでの「今夜貴方を口説きます←2人の出演ラジオ土曜20時らじらーのコーナーより」の曲中の歌詞です。あのシーンを見てメンバーの有岡くんが、伊野尾くんの曲内のセリフ「右からっ抱きしめるッッ!」を思い出してしまったという逸話)ですね。
パーソナルナンバー俺も持ってません!てやつ。「俺は、信じますよ。警察が信じてくれなくも。婚約者が信じなくても。俺は藤堂さんを信じます」←このシーンの伊野尾くんの左手の親指の動き真剣ギルティ

5話
斉藤の遺体の布を上げたのは誰?伊野尾くんぽくはなかったんだが遺体はその日のうちに外に運ばれている、しかしその段階で藤堂は日下の家にいる。つまり協力者がいるor目的と犯人が別ということになる。
日下「俺、ココア好きなんですよぉ、、ねっ!」
そう、この4話終わり〜5話の抱きしめるッッ、シーンは日下は藤堂の前で「俺」って言ってるのだな。わたしはここで、あれれ?と思ったのだった。
パーソナルナンバーはサクッと売っちゃった日下。しかし家を出たのは「高校を卒業する前」→しかし8話では日下と思われる少年は中学卒業後、里親の元を離れた、と(日下が嘘をついてないとするなら私の中で双子説は濃厚になる)。
売った相手が双子の兄弟の兄弟で二人がそこで入れ替わったりしてないか?とまで考えました笑。
日下瑛治は偽名。
藤堂の新しい名前に「スズカゼマコト」「ハマダヤマサトシ」「ヤマダタロウ」を推す日下。
警察に行こうとする藤堂。送ろうとする日下。そこで例の煙幕。恐らく催眠ガスが何かで倒れる藤堂のすぐ脇を歩く黒い靴の何者か(これが後に書くZIPネタバレのプランBだったりして。世界を孤独にする計画。砂央里や馬場も巻き込む。藤堂に警察に行かれては困るってことかなぁと)。なのに日下は「藤堂さん!藤堂さん!」としか言わない。普通は侵入者に対して何かあるだろう、お前何なんだ!とか。笑。
斉藤の死体が消えた理由、移動方法は?と考えたら斉藤自身も藤堂の出生の秘密と何らかの関わりが…?と思わずにはいられなかった。

砂央里と例の白い部屋に閉じ込められている藤堂。問題自体も藤堂の知能レベルに合わせて作られているのでこれの犯人の知能はかなり高いと思われる。→自身は孤独だと追い込まれて逆に吹っ切れる感ある…

BAR Kingに向かう万紀子。馬場の顔を見て慌てて引き返す。ここのシーンを見ていると万紀子相当黒い。

万紀子「あの子はわたしのことを裏切ったことはない事だから。それよりあなたの先輩からのSOSに答えてあげる方が大事だと思うわ。困ったときは助け合い」

犯人「世界を孤独に」
犯人「なるほど。(日下は)友達なのですね。いいですね。ということは彼が死ねばあなたは今よりもっと孤独になれるというわけだ」
犯人の厨二っぷりはドローン(漆黒の〜ってやつ)日下くんとかぶるなぁ笑。
しかし銃声と日下の「あぁっ!(叫)」双子じゃなかったら演技だし双子だとしても演技なのかもしれぬ。録音とか。

藤堂が寄付してる老人ホーム(やっぱ金持ちだな…)。
弥生、ヘルプ先で川野瀬の父親を知る
弥生「あの、大変です。わたしたまたま、すごいこと知っちゃいました」
話している相手は誰だろう?
弥生さんの電話の相手は誰?日下くんか?それとも。

日下「藤堂さんは俺の命の恩人です(うるうる)」
「みんなパーソナルナンバーを持っていない、そしてそれを理由に脅迫されている」という砂央里は誰も騙している感じはしない。


6話
いきなり日下と藤堂の距離が近づいていて全米が驚愕した回(「新一くん」)。

小山内は何かを調べている(本人曰く万紀子のこと)。
鬼束と西条接触。しかし西条は何を調べているのかなぁ。
早苗、万紀子が見ていた写真を目にする。万紀子の引き出しをそっとしまう。
早苗「(お腹の子)何があってもこの子は守ろうって」それをすごく真剣に見つめる万紀子さん。自分の時を思い出しているのかな。


Bar King
日下「知ってますよ。でも思い出したくないんです」
日下「まだ少し痛むんです。藤堂さんと一緒に拉致られて脅されて突然お前いらないって俺だけ解放されました」
小山内「それ警察には」
日下「言えるわけないじゃないですか。それを理由に以前脅されて、あのグラス一体何に使ったんですか?」
日下がパーソナルナンバーを持っていないことを知っている小山内。総務省にいるからだと理由は付けられてもなぜ調べたのか。
小山内「あのときはどうかしてたんだ」
日下「親友と言いつつ、人間って怖いですね。いつ回収したんですか?」

日下「探しても無駄だと思いますよ。藤堂さん、日に日に変わってっちゃいましたから。まるで人格そのものが変わったみたいに」
小山内「人格が変わった?あいつがか。まさか。あいつは真面目で世間知らずなお人好しだよ?」
日下「僕も最初はそう思ってたんです、でも…」
ここで客という名の邪魔が入る。
日下の歳を確認する小山内。去った後の小山内見て微妙な真顔。
双子がここで仲間割れした説も考えたりはした。


小山内、尾行して拉致られる。小山内が殺されそうになったのは真相に近づいた体と思われる(弥生も?)
馬場逃げる。

日下家のシーン、日下が藤堂に「相変わらず真面目ですね」
→Kingで小山内に言ってた藤堂評と一致しないのは単に小山内を騙そうとしていたってこと?でもそれならその後にわざわざ誘拐する必要があったのか?or
なので、このシーンの日下とバーのシーンの日下は別人なのでは?と思うけどついつい双子説に結びつけようとする癖が笑。
藤堂「指示はしといた」←これが、馬場に対して小山内こ誘拐の指示出しに見えるように演出されてるが実際は藤堂はそんな指示は出していない。

部屋にて、変成器を見て息荒い万紀子。犯人でないとするなら息子(日下)の部屋とかから証拠を見つけてしまって持って帰ってきた線が濃厚かなぁ?→そうするとあの日下の家ではないことになるからやっぱ双子(しつこい)。
以前にも書いたけど日下アパート前で出会った日下と万紀子の表情の違い、気になる。日下は「なんか車椅子のおばさまだなぁ」くらいにしか思ってない感があるけど万紀子は切実な顔をしている。

7話
瑛治「明日を逃したら一ヶ月後になる、って」
砂央里「ファミリーだぜって思おうな、って」←家なき子の砂央里がみんなにファミリー感を持つことで帰属意識を持っていたんだなと思うと泣けてくる。


早苗「急いで行ってほしいところがある、って言われて、ここなんですけど」
そこに斉藤の遺体があるんだけど、万紀子から指示のシーンは特にない。万紀子はどこかの公園から電話しただけ。
小山内「1つだけ分からないのがどうして彼女の監禁場所を万紀子おばさんが知っていたのか。警察に言わず、早苗ちゃんにここを教えた理由は何なのか」←それな。
早苗と弥生(テープ)の会話のタイミングがぴったりだなーっていうのは気にかかる。一度引き下がった小山内をもう一度あの場へ連れて行ったのは早苗だし。
→斉藤の死体を調べられると不都合があったから移動させたと考えてたけどそうするとわざわざ見つけさせる理由もない。
あの電話が本当で、万紀子が勝手にあれこれ調べて、息子が捕まらない為に早苗に伝えた説も考えた。

屋上、スマホを持ってる手が日下の手ではない!笑 あれは何なの。
あと、よく見るとドローン飛ばしてる日下くんとパソコン開けてる日下の髪型(前髪)がちょっと違う。
「世界は孤独になる」と言ってる日下は前髪がまっすぐでサイドがゆるカーリー。「ごめんね新一くん」って言ってる日下は手に包帯巻いてるしウェイビーな髪の毛している(単に時間の経過の問題だったらほんとすいません)。
手の包帯や傷と言い、割とビジュアル的な意味合いでも双子説を考えていました。日下家の出発シーンの日下のおててが単に包帯巻き忘れなだけだったら悲しい笑。双子説全く意味ない笑。

万紀子が人を殺したと自白してる件
万紀子は藤堂氏(父)の愛人で、日下も藤堂(父)の子供だとすると「兄さん」説、藤堂日下異母兄弟説はいけなくはないんだけど、もしそうだとしたら本妻がいなくなったら日下も連れ子でも構わないわけで。万紀子が日下を捨てた理由とは?
愛人だった場合、万紀子が藤堂氏の本妻を殺したor藤堂氏の遺産狙いで藤堂氏を殺したってことかな?
もしくは万紀子、その段階で双子の片割れを殺している…?

確かに日下あまりにも黒幕すぎて番宣での犯人投票も1位だったしこりゃー単なる黒幕じゃないんだろうなって思うわけです。
たとえば日下双子じゃなかったら誰が黒幕なんだろう…と考えると、ぱっと思いついたのが早苗かなぁ?
もしかして、考えすぎかもだけど早苗さんのお腹の父親が日下だったりして2人が共犯?という線も考えたけどあまり現実的ではない、かな。

黒幕という訳ではないけど、万紀子が子供を出産した時に色々あって(双子説推し的には双子の片割れを売った…とかあったりしない?その子が無戸籍でパーソナルナンバー持ってなくてそれを元に万紀子さんを脅して…とかない?)、それが発端になってたりはするのかも知れない。

田嶋は予告を見ると五木に殺されてそうだから田嶋の線は無いかもな〜?と。早苗に「お前も殺さなきゃいけないの?」って言ってるし。

他には日下の兄が川野瀬説、川野瀬さんは実は双子の兄で整形した説とかも考えました。でもそんなにしっくりこない。

動機に関してはZIPでややネタバレが…
藤堂「俺を孤独にしたかった」
日下「まぁ、それがA案」
そこはそんな重要でこともなかったんでしょう、きっと(そうじゃない軽率なネタバレなのだとしたら軽率すぎやで)
そもそも凝った手を使ってパーソナルナンバーまで奪う必要性があったかというのは幼少期に因縁がありそうだし、日下の孤独については最終回の1時間でちゃんと納得できる解が出るのか謎ではある。

最終回で3人消えるんでしたっけ?五木、日下その1その2だったりしない?何だかんだ言って万紀子はいなくならない気がする。

でもやっぱり双子説がしっくり来るんだよな〜。あのお喋りな監督が双子説に一切触れないところに関して怪しんでます笑。川野瀬と日下兄弟説も考えてるけど笑
最後段々書くのがしんどくなる&とりあえず見りゃええやんになってしまって適当になった。前に書いたことを重複してもあれだし。もう明日が最終回なんて寂しいです。